専用のペンがマウスのように使える

電子黒板の特徴は、専用のペンを使って自由自在に書き込めることなのですが、インタラクティブホワイトボードの中には、専用のペンをマウスのように使えるような種類も存在しています。パソコンとも共有できるので、インタラクティブホワイトボードをパソコンのように使いこなすことができれば、利用範囲が広がります。
特に企業の会議などでは、普通に資料を表示しただけではうまく説明するのが難しい場合もあるので、このようなときには専用のペンを使ってインタラクティブホワイトボードの画面を操作する必要もあります。操作するときにスムーズであれば問題ありませんが、操作に手間取っているようでは、もし来客がいた場合、本当にこの会社に依頼して大丈夫かと疑いを持つ場合もあるでしょう。
やはり企業であってもインタラクティブホワイトボードは使いやすい物がよいですし、マウスであれば使い慣れているという人も多いので、専用のペンをマウスのように簡単に操作できれば、それだけでも信用度が上がると言っても過言ではありません。