タブレット端末も重要

パソコンにはプリンターなどの周辺機器がとても重要であるように、電子黒板も教育面で使用する場合には、タブレット端末は欠かせない存在です。個人授業であれば電子黒板だけでも十分ですが、教育機関というのは学校でも塾でも、20人から30人ぐらいの人数がいます。そのため、タブレット端末は電子黒板を利用するときにはとても重要なのです。
一般的な黒板を使用する場合には、教科書とノートが必要になるのですが、教科書とノートの両方の役割を果たしているのがタブレット端末です。しかも問題を解くときなどは、先生が黒板に書いて問題を出しますが、電子黒板であれば生徒が持っているタブレット端末に問題を送ることができます。
それによって目の悪い生徒でもしっかりと問題を読むことができますし、前に出てきて問題を記入するという手間も省けるのです。現在の電子黒板であれば、大体40人ぐらいまでは共有することが可能なので、生徒数の多い学校であっても十分対応できるでしょう。しかも鉛筆交換や、シャープペンシルの芯を交換する必要もありません。

どのような会議室にも適している

インタラクティブホワイトボードは、どのような会議室にもマッチするという特徴があります。少人数制の比較的小ぶりな会議室はもちろん、広くて大人数が入れるような会議室にもマッチします。広い会議室の場合、遠くからでは見づらいのではと考える人もいるでしょうが、遠くからでも見やすい構造になっているのです。
その理由はアイコンが縦一列に揃えられていること、拡大表示が可能であることなどが挙げられます。他にもインターフェースが美しいデザインになっているのも特徴の1つですが、どのような電子黒板を使用しているのかでも企業に対する意識というのは変わってきます。
見やすくて書きやすいというのは当然ですが、さまざまな会議室にマッチするデザインも重要なのです。このようにインタラクティブホワイトボードというのは企業で使用するのに最も適していると言えるのですが、今後さらに技術が進歩すれば、もっとデザイン性と操作性に優れたインタラクティブホワイトボードが販売されるでしょう。

リモコンでの操作が可能

インタラクティブホワイトボードの中には、購入したときにリモコンがついてくる種類も存在しています。リモコンがついてくるということは、当然リモコンでの操作が可能ということです。電源を入れるときなどによく用いますが、他にもいろいろな使用用途があるので、とても便利な電子黒板だと言えるでしょう。
遠隔操作ができるリモコンであれば、企業で行っている会議や新人研修、研修開発でも効率的な話し合いや指導が可能になります。テレビに置き換えて考えてみるとよりリモコンのよさがわかると思いますが、テレビにリモコンがついていなければ、操作がとても面倒で効率が悪くなります。
インタラクティブホワイトボードであっても同様で、リモコンがあるだけでもかなり楽な操作ができるので、会議のように話しながら説明しなければいけない場合には、とても重宝する存在になるのです。企業では複数の人が開設に加わる場合もあるので、1人はインタラクティブホワイトボードの側で説明を行い、もう1人がリモコン操作で説明することもできます。

部屋が明るくてもはっきり見える

企業で会議を行うときに、電子黒板を使用する場合には、部屋を暗めにしておくという場合も多いでしょう。その理由は、電子黒板の画面がはっきりと見えないからなのですが、最新のインタラクティブホワイトボードを使用することによって、明るい部屋でもはっきりと画面を見ることができます。
もちろん種類によって異なってきますが、企業の会議では、重要事項をメモしなければいけない場合もあるので、あまり暗いと字を書くのに不便です。しかし、明るい場所でもはっきりと画面を見ることができるインタラクティブホワイトボードであれば、明るい部屋で会議を行えますし、字を書くのにも不便さを感じません。
近年のインタラクティブホワイトボードはどんどん進化していますし、今後はもっと性能のよい製品が販売されることは確実です。できるだけよいインタラクティブホワイトボードを導入することで、会議も快適でスムーズに行えるようになるでしょう。インタラクティブホワイトボードを選ぶのはとても需要なことなのです。

専用のペンがマウスのように使える

電子黒板の特徴は、専用のペンを使って自由自在に書き込めることなのですが、インタラクティブホワイトボードの中には、専用のペンをマウスのように使えるような種類も存在しています。パソコンとも共有できるので、インタラクティブホワイトボードをパソコンのように使いこなすことができれば、利用範囲が広がります。
特に企業の会議などでは、普通に資料を表示しただけではうまく説明するのが難しい場合もあるので、このようなときには専用のペンを使ってインタラクティブホワイトボードの画面を操作する必要もあります。操作するときにスムーズであれば問題ありませんが、操作に手間取っているようでは、もし来客がいた場合、本当にこの会社に依頼して大丈夫かと疑いを持つ場合もあるでしょう。
やはり企業であってもインタラクティブホワイトボードは使いやすい物がよいですし、マウスであれば使い慣れているという人も多いので、専用のペンをマウスのように簡単に操作できれば、それだけでも信用度が上がると言っても過言ではありません。

会議を効率化するためのシステム

企業で行われる会議は、やはり効率的でなければいけません。効率的な会議を行うためには、会議で使用する電子黒板の性能も重要です。インタラクティブホワイトボードであれば、書きやすさや他の地域にある支社、営業所などとも共有できる機能を備えていることも重要でしょう。
しかし、それだけでは効率的な会議を行うことはできません。企業によっては大人数で会議を開く場合もあるので、遠くからでも見やすいインタラクティブホワイトボードが必須です。さらには複数人で書き込みができることや、縮小拡大の機能が備わっている必要もあります。このように多数の機能が備わっていることが重要です。
ただ機能が多いというだけではなく、会議で必要な機能が充実しているのかが大切なので、購入するときには企業向けのインタラクティブホワイトボードを選ぶべきでしょう。企業の規模や部屋の構造などによっても使いやすいインタラクティブホワイトボードが違ってくるので、よく吟味しておくことも効率的な会議を行う上では重要です。

電子黒板の採用と教育界の未来

近年教育の現場で電子黒板やタブレットを使用しての授業が展開されていますが、都市部では一部ですでに始まっているのです。そこで私もそういった動きに敏感になりたいと考え、今は甥の小学校での導入実績を調べてみたわけです。幸いにもそこはモデル校になっていて、電子黒板やタブレットを授業で取り入れていたのです。普段の授業と何が違うのかといえば、プロジェクターを介して幅の利かせた授業が展開でき、3次元の表示にも対応していることから理解度が深まるような状況が大いにあるということであったのです。さらに教育ICTでの取り組みにも関心を持ち、世界を取り巻く環境でリーダーシップを発揮できるような人材を育成しような方向にも共感を覚えている次第です。小学生のうちから独創的な発想を持てるよう、あらゆる分野を万遍なく勉強していく大切さも現代の教育IT化は教えてくれているのです。

それに伴い導入に関して費用の工面が課題になっていくと思われますが、私個人の意見としては実際に甥のケースを見て一日も早く採用していくことが大事だと思っています。ゆえに子供たちへの投資は、日本の数十年後への期待とも取れるため、どんどん行動を起こすことが重要なのです。

電子黒板メーカーは、こちらなどが有名です。

映写機のような投映も可能

昔から行われている勉強法で、配られたプリントに色々と重要なことを書き込む場合があると思いますが、このような書き込んだプリントなどを投映して映し出すことも可能なのがインタラクティブホワイトボードです。

簡単に言えば、映写機のように用紙に書いた内容をそのまま映すことができますし、映し出した画面に対して更にタッチペンで書き足すことも可能となっています。

電子黒板というと、最新式で全てデジタル化しているという印象を持つ人も多いと思いますが、中には昔ながらの物の方が使いやすいと感じている人もいます。

インタラクティブホワイトボードは普通の黒板としても使用できますし、上記のように紙に書いた内容を映し出すことも、書き込みを加えることもできるので、どの年代にも使いやすくなっているのです。

近年ではパソコンで色々と資料を作成し、作成した資料を印刷してインタラクティブホワイトボードに投映するというパターンが多くなっていますが、このような方法は勉強だけではなく会議など様々な場面で活用できます。