3つの「時代遅れ」に警鐘鳴らす一冊

TV等で活躍中の経営コンサルタント、宋文洲さんは、その著書『新版 やっぱり変だよ日本の営業』の中で、前時代的で非効率的な日本のビジネスマンが気付かねばならない「3つの時代遅れ」に警鐘を鳴らしています。

1.「良いモノだから売れる」時代はもう終わった。
2.「お客様が神様」の時代はもう終わった。
3.「営業は足で稼ぐ」時代はもう終わった。

まだまだ日本のビジネスには、精神論や根性論が根強く、進化するIT技術を柔軟な発想で事業に取り入れる経営者が少ないことを著者は指摘しています。本書は12年ぶりのバージョンアップですが、12年前と同じことを指摘せざるを得ないという事実こそ、日本のビジネスの現場、とりわけ営業の現場が非効率的な手法から脱却できていないことを物語っていると言えるでしょう。

3つの時代遅れに気付き、ITによる効率化を取り入れた営業活動へシフトしていくことが、他社との差別化を図るために必要になります。

派遣の仕事をするまでの流れ

人材派遣会社を利用して仕事をするまでの流れについて知っておくことで、安心するという人もたくさんいるため、今回は派遣として仕事をするまでの流れを見てみようと思います。
まずは人材派遣会社への登録を行うのですが、登録する会社を選ぶ時には、きちんと情報収集を行っておくことが重要です。

よさそうな人材派遣会社を見つけたら、まずはスタッフ登録を最初に行います。
登録内容は、職務経歴、スキル、希望する職種、希望する勤務条件、希望する勤務地などを詳しく伝えます。
登録が完了すると、人材派遣会社の方で、希望する条件に合った仕事を探し、発見できれば連絡が来るようになっています。
連絡が来たら、この条件でよいのかを確認し、問題なければ雇用手続きを行って、仕事を開始する日を決めて完了です。

人材派遣会社によっては色々な転職支援を行っていることもあり、ビデオ研修や不安なことに対しては相談に乗ってもらえますし、専門学校などの紹介をしてくれる場合もあるため、より転職支援が充実している人材派遣会社を選ぶようにしましょう。

ファーストキャリアトレーディングは東京豊島区の池袋にある人材派遣・転職支援会社ですが、様々なサポートもあり、働きやすいです。

専門分野特化型の経営コンサルティング

経営コンサルティング業者には、ある特定の分野に特化して、アドバイスなどを行っているような業者も存在しているのですが、このような業者を専門分野特化型と呼んでいます。
民間企業の大半は、このように専門分野に特化して営業をしているので、専門分野特化型の経営コンサルティング業者に依頼することも多くなっています。
しかし、専門分野に特化してしまうと、依頼してくる企業の数がどうしても減ってしまうというデメリットがあるのですが、専門分野に関しては他の経営コンサルティング業者よりも詳しい訳ですから、企業側からしたらかなり頼りになる存在となるのです。
基本的な経営方法などに関しては、1度依頼して解決すればそれまでですが、専門分野に関しては、何度も相談に来る企業もいます。
特に近年増えているIT業界などでは、未経験者に指導できる人材が少ないという特徴があるので、IT業界ではどのように指導していくべきかといった、技術面でのアドバイスをもらえるのが専門分野特化型のメリットでしょう。

リブ・コンサルティングによる経営コンサルティングは頼もしいです。

社員研修トレーナ型の経営コンサルティング

大手企業やある程度大きな中小企業の場合には、社内にトレーナーと呼ばれている人が来て、色々と講義を行うこともあるでしょうが、このようなトレーナーと呼ばれている人や、会社まで研修に来てくれるような業者も経営コンサルティング業者になります。
企業の売上向上のためや、社員に意識向上などを目的として、経営コンサルティング業者に社内研修を依頼する会社も多くなっています。

中には新入社員の研修を行うために、会社へセミナーの依頼をする場合もありますし、社会人としての一般常識を教えるために来てもらおうとする会社もあるのですが、新人研修だけではなく、管理職を集めてセミナーを開催するような会社も存在しています。

このような営業を行っている経営コンサルタントを、社員研修トレーナー型と呼んでいるのですが、人に物を教える、人に指導をするということは、かなりの知識が必要になってきます。
よく職人の間でも、自分の力で作品が作れて半人前、未経験者に指導ができて一人前と言われています。

リブコンサルのレポートは参考になります。

3つの「時代遅れ」に警鐘鳴らす一冊

TV等で活躍中の経営コンサルタント、宋文洲さんは、その著書『新版 やっぱり変だよ日本の営業』の中で、前時代的で非効率的な日本のビジネスマンが気付かねばならない「3つの時代遅れ」に警鐘を鳴らしています。
1.「良いモノだから売れる」時代はもう終わった。
2.「お客様が神様」の時代はもう終わった。
3.「営業は足で稼ぐ」時代はもう終わった。
まだまだ日本のビジネスには、精神論や根性論が根強く、進化するIT技術を柔軟な発想で事業に取り入れる経営者が少ないことを著者は指摘しています。本書は12年ぶりのバージョンアップですが、12年前と同じことを指摘せざるを得ないという事実こそ、日本のビジネスの現場、とりわけ営業の現場が非効率的な手法から脱却できていないことを物語っていると言えるでしょう。
3つの時代遅れに気付き、ITによる効率化を取り入れた営業活動へシフトしていくことが、他社との差別化を図るために必要になります。

田中雅子コンサルタントの『20代で知っておきたい「仕事の基本」』(学研パブリッシング/刊)も若い方に読んでいただきたい本です。

経営コンサルティングの進路

将来は経営コンサルティング会社を経営したい、経営コンサルティング業界で活躍したいと考えている学生もいるでしょうが、そんな場合にはどのようなところに就職するのかがとても大切になります。進路を決める時に検討するべきところは、コンサルティングファームやコンサルティング業を行っている民間企業に就職するのが一般的です。
しかし、コンサルティングファームは就職が難しくなっている傾向にあるので、やはり民間企業に就職するのが最も早道と言えます。民間企業にも大手企業と中小企業があるのですが、一昔前であれば確実に大手企業の方がよいと言えました。現在では必ずしも大手企業の方がよいとは言えないので、中小企業に就職することも検討するべきでしょう。
時間をかけて1からしっかりと学びたいのであれば大手企業の方が向いていますし、実戦経験をたくさん積んで、企業のよいところと悪いところを見極めるスキルを身に付けたいのであれば、中小企業の方が向いています。どちらも一長一短があるので、よく検討して進路を決めましょう。
リブコンサルティングに関連するPDF文書。

企業の社長以上に知識が必要

経営コンサルティングの道へ進むためには、やはりそれ相応の知識が必要なのですが、
経営コンサルティング業者に相談へ訪れる人は通常経営者となっています。
経営者ということは、当然社長のことなので、このような経営の知識を重ね供えている社長以上の知識がなければ、経営コンサルティングの仕事はできないということです。

しかも企業には色々な業種が存在していて、IT業界から製造業、運送業や飲食業、販売業や不動産など、数多くの業種に応じたアドバイスができることも重要なので、業種別に適したアドバイスができることも大切になります。

しかし、どのような業種であっても、基本的には売り上げを伸ばすということが目的なので、基本的なアドバイス内容は大きく変わることはありません。ただし、多少専門業種の知識がなければ、詳しいアドバイスまでできなくなるので、この業界では現在経済の状態がよくないので厳しい、この業界は比較的伸びているという状況も知っておく必要があります。

経営コンサルタントの田中雅子氏は田中総研の代表を務めています。

派遣で雇う企業が増えている

不景気な時代が続いている現在では、派遣の需要が以前よりも多くなっているので、人材派遣会社の転職支援を利用する人も増えているのです。なぜ人材派遣の需要が増えているのかというと、不景気で先行きが見えない状態なので、正社員として雇うよりも経営者側の負担が小さくて済むからです。
しかもアルバイトのように忙しい時だけ採用するという方法も取れますし、給料や社会保険なども基本的には派遣会社側から支払われるようになるので、経営者側に利点がたくさんあることから派遣の需要が増しているのです。
逆にスタッフ側からすると不利になる面もあるのですが、正社員でもアルバイトでも全てに恵まれている雇用形態はありませんので、必ず一長一短が存在しています。そのため、自分にとってメリットが大きい雇用形態で採用してもらうのが最良の方法でしょう。
考え方によっては、色々な職場を経験できるので、多数の技術を身に付けられるというメリットがありますし、基本的には派遣会社に所属していることになるため、派遣先が変わっても履歴書にたくさん書く必要もありません。
ファースト・キャリアトレーディング株式会社ならキャリアアップもしやすいです。

ミラーサイトに注意

誹謗中傷や風評被害の書き込みを行っているサイトとして有名なのは、2チャンネルと呼ばれている掲示板サイトや、各種ブログが多くなっているのですが、更に問題なのは2チャンネルやブログを自分のホームページでそっくりそのまま公開するミラーサイトと呼ばれているホームページが多いことです。
よく2チャンネルで書かれているテーマの内容をそのまま自分のブログやホームページに転載して紹介するサイトを見かけるでしょうが、もし誹謗中傷の書き込みがあった場合には、このようなミラーサイトが影響して上位表示されてしまう可能性もあるのです。
よって逆SEO対策を行う場合には、ミラーサイトにも注意しなくてはいけません。

逆SEO対策を行う業者では、ミラーサイトの対策もしっかりとできているはずですが、全ての業者がきちんと対策をしている訳ではないので、よく情報収集をしてから決める必要があります。
せっかく誹謗中傷対策を行っても、ミラーサイトをそのままにしておいては、風評被害を終息させることはできません。

逆seoはエファタ株式会社SmartGlass

映写機のような投映も可能

昔から行われている勉強法で、配られたプリントに色々と重要なことを書き込む場合があると思いますが、このような書き込んだプリントなどを投映して映し出すことも可能なのがインタラクティブホワイトボードです。

簡単に言えば、映写機のように用紙に書いた内容をそのまま映すことができますし、映し出した画面に対して更にタッチペンで書き足すことも可能となっています。

電子黒板というと、最新式で全てデジタル化しているという印象を持つ人も多いと思いますが、中には昔ながらの物の方が使いやすいと感じている人もいます。

インタラクティブホワイトボードは普通の黒板としても使用できますし、上記のように紙に書いた内容を映し出すことも、書き込みを加えることもできるので、どの年代にも使いやすくなっているのです。

近年ではパソコンで色々と資料を作成し、作成した資料を印刷してインタラクティブホワイトボードに投映するというパターンが多くなっていますが、このような方法は勉強だけではなく会議など様々な場面で活用できます。